おいしい水って、どんなもの?

ミネラルウォーターは、飲んでおいしいのも特徴ですね。


ただ、おいしいといっても、どのようなものがおいしいのかは、個人の好み、感覚によっても多少は違ってくるでしょう。


厚生労働省の「おいしい水研究会」の調査によると、おいしい水の条件として、


硬度:10~100mg/l・蒸発残留物(ミネラル):30~200mg/l・遊離炭酸:3~30mg/l・過マンガン酸カリウム消費量:3以下・臭気度:3以下・残留塩素:0.4mg/l以下・水温:最高20度以下といった点を挙げています。


ミネラルウォーターを選ぶ際の、参考にすると良いでしょう。ラベルの表示部分にも注意してみましょう。


この中で、硬度については、硬度の低い水のほうがくせがなく、高くなるにつれ、好き嫌いが出るようになります。 便秘の解消などには、硬水が向いているとされます。


硬度1000以上のものは超硬水となり、ミネラル補給に効果があります。


超硬水でダイエットする人も増えているようです。炭酸水の超硬水は比較的飲みやすいと言われます。


また、カルシウムに比べ、マグネシウムの多い水のほうが苦くなります。


蒸発残留物(ミネラル)については、適度に含まれていれば、コクがあり、まろやかな味がしますが、量が多いほど苦み渋味が増すことになります。


遊離炭酸は水にさわやかな味を与えますが、多くなるほど刺激が強くなります。


水温は20℃以下が望ましいとされますが、やはり冷えたもののほうがおいしく飲めるようです。

お役立ち情報

HOME
純水はどうなの?
口コミ情報となります
お水の宅配について
コスモウォーター

水について

HOME
浄水器とウォーターサーバーの違い
おいしい水って、どんなもの?

水の豆知識

HOME
ガス入りミネラルウォーターについて
ミネラルウォーターの人気ランキング
かしこいミネラルウォーターの飲み方
ミネラルウォーターのダイエット効果

水宅配について

HOME
用途に応じて、宅配水を選びましょう
水の宅配サービスを選ぶポイント
コスト面での水宅配業者の選び方
名古屋の水宅配業者
ハワイウォーター