用途に応じて、宅配水を選びましょう

宅配してもらえるミネラルウォーターでも、いくつか種類があります。


用途に応じて、ミネラルウォーターも選べば良いでしょう。よく、軟水、硬水、という言葉を聞きますね。


軟水は、口当たりが柔らかく、のど越しがスッキリしているのが特徴です。


日本では、やはり軟水がおなじみのようですね。


このため、煮付け、味噌汁などの和食に適している水でしょう。ご飯を炊くのにも向いています。また、緑茶などの日本茶にも、軟水が合うみたいです。

硬水は、海外でおなじみのミネラルウォーターです。ミネラルやカルシウムを多く含むため、ミネラル補給のために利用されることが多いようです。


スポーツ後の水分補給に向いているでしょう。逆に硬水で炊飯すると、ご飯がパサパサになり、緑茶の味や香りも十分に引き出せません。


硬度100~300のものは、中硬水となります。これは、洋風だしをとったり、煮物や鍋物をするのに向いているようです。

これ以外、最近、海洋深層水というものをよく聞きますね。


これは、厳密にはミネラルウォーターとは違うのですが、水深200メートル以下の深海の水を飲料水用に処理したものです。


太陽の光が届かない深海の水は、植物性プランクトンの光合成が行われないことから、有機物が少ないものです。また、汚染物質が届きにくいため、清浄な水となります。


マグネシウムなど、多くのミネラルも含んでいます。


ミネラル成分は約60種類含まれ、特に、摂取しにくいといわれているマグネシウムは、深層水だとコップ2杯程度で1日の必要量が補えると言われます。

お役立ち情報

HOME
純水はどうなの?
口コミ情報となります
お水の宅配について
コスモウォーター

水について

HOME
浄水器とウォーターサーバーの違い
おいしい水って、どんなもの?

水の豆知識

HOME
ガス入りミネラルウォーターについて
ミネラルウォーターの人気ランキング
かしこいミネラルウォーターの飲み方
ミネラルウォーターのダイエット効果

水宅配について

HOME
用途に応じて、宅配水を選びましょう
水の宅配サービスを選ぶポイント
コスト面での水宅配業者の選び方
名古屋の水宅配業者
ハワイウォーター